20代後半 女 架空請求詐欺引っ掛かってしまった後の顛末と対策

20代後半 女 架空請求詐欺引っ掛かってしまった後の顛末と対策

■私の自己紹介につきまして私は、現在20代後半の専業主婦ですが、架空請求被害に情けないことにあってしまった体験談についてお話しさせて頂こうと思います。

■被害にあった経緯や時期私が架空請求の被害にあったのは、休日にスーパーで何気なく買い物をしていた時でした。

ある一本の電話が夕暮れ時にかかってくる形になりまして、最初は、どこからの電話か分からなかったので、放置しておりました。

所がまた電話がかかってきまして、通話に出ると切られてしまうのです。

こうなったらこちらから電話をして真相をハッキリさせてやると思って電話をかけましたら、よく分からない業者さんが電話に出られる形になり、非常に気味が悪かったので電話を切ろうと思いましたら、突然「息子さんが間違えて鑑賞された動画の請求がたまってるのですが、このままですと、訴訟関係に発展してしまう形になります。

今からお伝えする口座にお伝えする額を全額支払ってください。

」と言う形で口頭で言われましたので、そう言えば思春期の息子は最近私が見ると背けるような顔をしていたなとハッとしまして、「すぐに振り込みます!」と言う形で震える肩を納めることはできませんでした。

そしてすぐに20万円を指定口座に納めてしまったのです。

■その時の心情帰宅してすぐに入金を済ませた後に、その日の夜に急いでスマホで息子がアダルトサイトを見た履歴があると思い、急いで履歴を見たのですが、思わず目が点になってしまうような形で一切そのような履歴はなかったのです。

これには大変ショックを受けまして「騙された!と」と言う思わず下唇を噛み締めてしまうような形で悔しい思いをしました。

■後悔していること知らない電話がかかってきたら、それ以降に思い出したのですが、とにかく、スマホや携帯でその電話番号を入力して悪徳業者じゃないか調べることです。

■みている人にアドバイスがあるとしたら電話がかかってきても思わず私みたいに取らないで、必ず取らないことです!もしとってしまいましたら凄く同様するような仕掛けになっておりますので注意が必要です。

知らない所から電話がかかってきたら取らずにスマホ等で電話番号を検索してみることに心がけてください。